〒183-0035
東京都 府中市 四谷4-48-14
TEL:042-363-4184
府中市の歯科・歯医者

  • QRコード
    QRコード
  • My Clinic
  • 「入れ歯だから」とあきらめている方々へ
  •  

歯周病治療

ホーム»  歯周病治療

歯周病とは

歯周病のイメージ

虫歯歯周病は慢性疾患(生活習慣病)と呼ばれており通常は発症や進行に時間がかかります。
したがって、これらの疾患は予防が容易であることを知っておかなければなりません。
また、発症、進行してからの治療は治すというよりも手直ししているに過ぎず完全な治癒は望めずむしろ障害が残ります。
虫歯が歯そのものの疾患であるのに対し歯周病は歯の周りの組織(歯根膜、歯茎、歯槽骨など)の疾患です。
最初は歯肉の軽度の出血や腫れに始まり徐々に進行し歯が少しずつグラグラし始め最終的には抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。
歯周病は歯の表面につくプラーク(歯垢)によって起こります。
歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎と歯を支えてる歯槽骨が破壊される歯周炎の2つに分けられます。
世間一般で言われている歯槽膿漏は成人性歯周炎を言いますが、歯周病には、その症状、状態によって色々な種類があります。

 

歯周病の治療

1. ブラッシング指導
現状のブラッシングでどこが磨けていないのかを良く理解して頂いた上でご自分にあったブラッシングの方法を学んで頂きます。

2. スケーリング(歯石除去)
歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので歯に強固に付着しており強い病原性をもっています。
一般的に超音波スケーラーや手用のスケーラーを使用して取り除きます。

3. フラップオペレーション
歯槽骨の破壊が大きく歯周ポケットが深い場合にはスケーリングだけでは歯石を取り除くことが不可能です。
このような場合には歯肉を開いて歯根を露出させ歯石を取り除きます。

★歯周病は痛みが無いため発見しづらいものです。
最低でも半年に1回は定期的にチェックを受け進行した歯周病の治療が終わった方は1~3ヶ月のサイクルで来院され安定した歯茎の状態を管理していくことが大切です。
詳しくは当院までお気軽にご相談下さい。

ブラッシングのポイント

ブラッシング

ブラッシングの順序を決めて、いつも一定の場所から一歯も残さないように順番にハブラシを当てること(任意に右や左へハブラシを何度も移動させると、みがき残しができます)。

ハブラシを当てる歯は2~3本を1単位に(奥の歯、裏側、歯列の乱れた歯などは一歯単位に)。

こまかい振動(往復幅は2~3ミリ以内)を1ヵ所20~30回与える。あまり力を入れないで、毛先が歯面に平均して当たり、歯間にも毛先が入り込むように。

奥歯や裏側をブラッシングする時は、植毛部の頭部を利用。歯間には1列ハブラシ、または植毛の外側の1列を利用。
歯肉マッサージには毛束の側面を利用するなど、1本のハブラシでも当てる角度や動かし方で、かなり色々なみがき方ができますから、鏡を見ながら自分流のブラッシング法を見つけることが大切です。

時々、歯垢を染出して、ブラッシング効果を確認し、みがきぐせを修正することです。